遅ればせながらのレビューですみません。
どうしても書いておきたかったので。

七月、大阪松竹座に行ってきました。
もっとも感激したのは
片岡仁左衛門&中村雀右衛門の「鳥辺山心中」
仁左衛門が雀右衛門の肩に手を回す、その手にやさしさと色気が溢れて胸が痛くなるほど!
私は筋書(プログラム)はいつも買うけど、舞台写真は原則買わないのですが、
今回はどうしてもほしくて、でもタイミングを逸して買うこと能わず、
その後観劇で大阪に行く人に1人頼んで間に合わず、それでもあきらめられずに
もう1人に頼んで買ってきてもらった、という、本当にうっとりするほどの舞台でした。

写真でも、その「手」を見るだけで、舞台の感激がよみがえってきます。
 

同じ松竹座夜の部
「菊畑」も素晴らしかったです。
実は兄弟なのにそしらぬ顔で主人と家来、しかして実は正体がわかっていて、
…という二転三転の腹芸がキモとなっているこの舞台、
演じる人を選びます。今回は、なかなか出ない格調の高さで緊迫感あり。
中村歌六の鬼一法眼の貫禄、梅玉の若々しい牛若丸、温かみのある橋之助の鬼三太、
孝太郎の恋する中にも気高い皆鶴姫、
最近太い役も難なくやってのけるようになった亀鶴の湛海。
言うことなし、でした。