仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

タグ:片岡孝太郎

遅ればせながらのレビューですみません。
どうしても書いておきたかったので。

七月、大阪松竹座に行ってきました。
もっとも感激したのは
片岡仁左衛門&中村雀右衛門の「鳥辺山心中」
仁左衛門が雀右衛門の肩に手を回す、その手にやさしさと色気が溢れて胸が痛くなるほど!
私は筋書(プログラム)はいつも買うけど、舞台写真は原則買わないのですが、
今回はどうしてもほしくて、でもタイミングを逸して買うこと能わず、
その後観劇で大阪に行く人に1人頼んで間に合わず、それでもあきらめられずに
もう1人に頼んで買ってきてもらった、という、本当にうっとりするほどの舞台でした。

写真でも、その「手」を見るだけで、舞台の感激がよみがえってきます。
 

同じ松竹座夜の部
「菊畑」も素晴らしかったです。
実は兄弟なのにそしらぬ顔で主人と家来、しかして実は正体がわかっていて、
…という二転三転の腹芸がキモとなっているこの舞台、
演じる人を選びます。今回は、なかなか出ない格調の高さで緊迫感あり。
中村歌六の鬼一法眼の貫禄、梅玉の若々しい牛若丸、温かみのある橋之助の鬼三太、
孝太郎の恋する中にも気高い皆鶴姫、
最近太い役も難なくやってのけるようになった亀鶴の湛海。
言うことなし、でした。 

今月は、自主公演や勉強会も多いです。

おもな自主公演は

第2回「翔の会」(現在高校生の中村鷹之資の勉強会)8/2@国立能楽堂

第7回「挑む!」(尾上松也。特別出演片岡孝太郎)8/8@神奈川芸術劇場(KAAT)

第1回「研の会」(市川右近。ゲストに市川猿之助)8/22、23@国立劇場小劇場

第1回「双蝶会」(中村歌昇・種之助兄弟)8/24、25@国立劇場小劇場

勉強会は

第21回稚魚の会・歌舞伎会合同公演(研修修了生と名題下)8/13~17@国立劇場小劇場
第25回上方歌舞伎会(「若鮎の会」を中心に関西系の若手)8/22、23@大阪国立文楽劇場

公演日数が少なく、小さな劇場を使うこともあり、
チケットはすぐに売り切れてしまうものが多いです。

日ごろはなかなか回ってこない大役の勉強の場として、
出来栄えよりも挑戦、努力が目的の公演ですが、
伸び盛りの若手ならではの輝きを目にする好機であり、
なによりファンにとっては貴重な時間となることでしょう。

「寺子屋」は、
源蔵が道真(=菅丞相:かん・しょうじょう)の息子である菅秀才(かん・しゅうさい)を
我が子と偽ってかくまっている細々と営む山間の寺子屋でのお話です。

なぜ平安時代の人間のお話に寺子屋なのか、については、
「菅原道真の時代に寺子屋はあるか?」をお読みください。

また、
どうしてかくまっているのか、など前段のお話は、(3)の「筆法伝授」をお読みください。

このお話は、詳しくあらすじを書きません。

なぜなら、サスペンスだから。

ネタバレしたら、つまらないから。

何度も観ている歌舞伎ファンならともかくも、
歌舞伎ビギナーズ、
すべてわかってしまったら
たった一度の「初めての衝撃」がなくなってしまいますから。

「菅原道真の時代に寺子屋はあるか?」にも書きましたが、

「京都殺人案内・山間の塾殺人事件~元エリート校教師、新入生を殺す
やむにやまれぬ子殺しの理由と衝撃のラスト! せまじきものは宮仕え」

みたいなお話です。
ちょうど2時間ドラマ1本見ると思ってください。

今回は終盤、
源蔵(尾上松緑)の「殺気」がすごかった。

まずは、
寺入り(新しく入塾)してきた寺子(てらこ・生徒)小太郎を迎えに来た母親(片岡孝太郎)と。

隙あらば、と孝太郎に背後からにじり寄る松緑のすり足。
何も感じていないような顔をして、体中をセンサーにする孝太郎。
まるで武士と武士との一騎討ちを見るかのごとき緊張感に、
思わず息を詰めて目を見張る。
刀を振りかざした男が、文箱一つで立ち向かう女に一瞬たじろぐ、
そこに「戦い」のリアリティを見ました。

こうした命のやりとりの真っ最中に乱入してきたのが、
松王丸(市川染五郎)。
時平の手下であり、さっきまで自分たちを蹂躙していた松王丸の登場で、
源蔵は一騎討ちの興奮状態に凄まじい怨念も加わって、
凄まじい勢いで松王丸に飛びかかっていきます。
松王丸は、そんな源蔵を制しつつ、
大小二本の刀を源蔵の前に放り出し、自らのホールドアップを伝え、
とにかく話を聞いてくれ、と源蔵にひれ伏す。
それでも訳がわからない源蔵は、
いつでも松王丸を討ち取れるよう、腰をうかして膝をつき、
右手に持った刀をまっすぐに立てて持って臨戦態勢。

しかし松王丸の述懐を聞くうち、
ある事実が絶対であると悟ったときに、
源蔵松緑は、全身の力を抜き、刀を置き、
たすき掛けにした紐を肩からほどき、
居ずまいを正して正座するのです。

源蔵も松王丸も、
主であって主と言われぬ菅原道真に対し、
不忠者と烙印を押された忠義者同士。
いずれも「不忠者ではない」証を立てんがため、
何の罪もない子どもが犠牲になる。
ラストシーンは、
殺した夫婦が右に、殺された夫婦が左に、
それによって助かった親子が頂点に立って幕となります。

「清廉潔白」な菅原道真を讃える物語は、
彼の「非の打ちどころのなさ」を守るために、
どれだけの人々が不幸になったかを観客の胸に突き刺して終わります。

つまり、
せまじきものは、宮仕え。
天神様の話のようでいて、しわ寄せを食らうしもじもの、弱者の話なのであります。

↑このページのトップヘ