仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

タグ:片岡仁左衛門

遅ればせながらのレビューですみません。
どうしても書いておきたかったので。

七月、大阪松竹座に行ってきました。
もっとも感激したのは
片岡仁左衛門&中村雀右衛門の「鳥辺山心中」
仁左衛門が雀右衛門の肩に手を回す、その手にやさしさと色気が溢れて胸が痛くなるほど!
私は筋書(プログラム)はいつも買うけど、舞台写真は原則買わないのですが、
今回はどうしてもほしくて、でもタイミングを逸して買うこと能わず、
その後観劇で大阪に行く人に1人頼んで間に合わず、それでもあきらめられずに
もう1人に頼んで買ってきてもらった、という、本当にうっとりするほどの舞台でした。

写真でも、その「手」を見るだけで、舞台の感激がよみがえってきます。
 

同じ松竹座夜の部
「菊畑」も素晴らしかったです。
実は兄弟なのにそしらぬ顔で主人と家来、しかして実は正体がわかっていて、
…という二転三転の腹芸がキモとなっているこの舞台、
演じる人を選びます。今回は、なかなか出ない格調の高さで緊迫感あり。
中村歌六の鬼一法眼の貫禄、梅玉の若々しい牛若丸、温かみのある橋之助の鬼三太、
孝太郎の恋する中にも気高い皆鶴姫、
最近太い役も難なくやってのけるようになった亀鶴の湛海。
言うことなし、でした。 

長らくブログ更新ができず、すみませんでした。

2月の初旬から風邪気味だったのを忙しさに取り紛れてこじらしてしまい、
月末から寝込んでしまいました。
これからはカラダを大切にするぞ!…と誓ったものの、

チケットとったからには観劇しなくては!と1週間後からまた怒涛の生活。
お仕事のほうも月末に向けていろいろあり、
ブログの更新がまったくできないまま本日を迎えてしまいました。

まずは
25周年を記念して4月1日にリニューアルされた衛星劇場HPで
番組紹介コーナー「歌舞伎彩歌」を担当することになったご報告から。

歌舞伎チャンネルを引き継いだ衛星劇場が放送する歌舞伎番組から
放送日程に合わせて注目番組を紹介するコーナー
「今月のこの場面、あの場面」と
月に一度、歌舞伎にまつわるトピックスをとりあげて語る
「ちょっと幕間(まくあい)」を執筆します。

どうぞよろしくお願いします。

第一回は片岡仁左衛門主演の「一條大蔵譚」について。
「清盛を欺いた男~阿呆のふりをしてでも生き抜くぞ!」です。
http://www.eigeki.com/special/column/kabukisaika_n01

第二回は、新春浅草歌舞伎から「三人吉三」。
こちらは4月12日に記事が公開される予定です。

今月の歌舞伎座は、松竹創業120周年と二世尾上松緑二十七回忌追善興行が重なり、
豪華なメンバーによる公演になっています。

昼の部
「音羽嶽だんまり(おとわがたけだんまり)」
「歌舞伎十八番の内 矢の根(やのね)」
「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」
「人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)

「音羽嶽だんまり」
は、
尾上松也、中村梅枝、尾上右近、中村萬太郎、中村児太郎と、
若い力で魅せる舞台。
「だんまり」とは、夜の暗闇の中で、誰が誰だかわからない中、
敵と味方が錯綜していくさまをスローモーションで見せるスタイルです。

「矢の根」は、
二世尾上松緑二十七回忌追善狂言。
孫の松緑が主役の曾我五郎を務めます。
曾我十郎役に、坂田藤十郎という、豪華な舞台です。

「一條大蔵譚」
主役の一條大蔵長成が片岡仁左衛門、常盤御前は中村時蔵、
吉岡鬼次郎に尾上菊之助、妻のお京に片岡孝太郎と、
実力者ぞろいの義太夫狂言。
私としては、仁左衛門の大蔵卿も楽しみですが、
菊之助の鬼次郎に注目しています。

「人情噺文七元結」も二世尾上松緑二十七回忌追狂言。
こちらは尾上菊五郎が主役の長兵衛です。
女房お兼は中村時蔵。
菊五郎劇団の世話物でこの二人のコンビですから、
安心してゆったりと楽しめますね。
怪我してしばらく休演していた市川團蔵も、角海老手代藤助で復帰。
うれしいばかりです。
ほかに和泉屋清兵衛が市川左團次、角海老女将お駒が坂東 玉三郎。
脇も、ものすごいキャストで固めています。

夜の部
「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」より「阿古屋」と
「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)」の「髪結新三」

夜の注目は、なんといっても「阿古屋」でしょう!
この演目は大変特殊で、いつでもどこでもできる演目ではありません。
「阿古屋箏責め」といって、
愛人・景清の居場所を白状させるため、遊女・阿古屋は
拷問の代わりに、「箏」「三味線」「二胡」の三楽器を衆目の前で弾かされ、
「居場所は知らぬ」という証言が嘘でないか、心の揺らぎを測られるという場面です。

・・・ということは・・・
阿古屋役の女方は、その三楽器を弾かねばならない。
「口パク」とか「エア」とかなしです。
ちゃんと弾く。それも、上手に弾けなければ、「名手への拷問」にはならないわけで。

歌舞伎俳優は、踊りなどのお稽古と同時に楽器も習いますから、
三味線の上手な人、鼓の上手な人、などなど、たくさんいらっしゃいます。
でも、箏も三味線も、さらに二胡まで弾けて、それも相当の名手、なんていう人はそうそういません。

現在「阿古屋」が演じられる人は、坂東玉三郎ただ一人です。
歌舞伎ファンの間では、

体力も気力も必要な「阿古屋」を、
完璧主義者の玉三郎がいつまで演じるか、そろそろなのではないか、
ということは、今月が、玉三郎の、つまり「阿古屋」自体の見納めになるのでは?
・・・という憶測が、歌舞伎ファンの間でささやかれています。
ぜひ、この機会をお見逃しなく!

もう一つの演目が「髪結新三」
こちらが夜の二世尾上松緑二十七回忌追善狂言で、
新三を孫の松緑が初役で演じます。
孫の左近が丁稚長松。
二人を支える音羽屋の面々がすごい!
チョイ役も含め、豪華すぎる!

髪結新三    松 緑
白子屋手代忠七    時 蔵
下剃勝奴    亀 寿
お熊    梅 枝
丁稚長松    左 近
家主女房おかく    右之助
車力善八    秀 調
弥太五郎源七    團 蔵
後家お常    秀太郎
家主長兵衛    左團次
加賀屋藤兵衛    仁左衛門
肴売新吉    菊五郎

「肴売新吉」って、あの、「カッツォ、カッツォ~!」って
初鰹を売りに来て新三の長屋の玄関先で捌く、あの新吉ですから。
それを大幹部の菊五郎丈がやるんですから!
御馳走役っていうか、もう絶対見られそうにない配役ですよ。

昼の藤十郎丈もそうですが、
追善公演というのは、襲名披露公演と並んで、
「その人(襲名の場合は先代)にお世話になった」という感謝の意味が込められていて
心温まる舞台になりますね。

詳しい情報はこちらをどうぞ。


大阪松竹座夜の部は、「絵本合法衢(えほんがっぽうつじ)」の通しです。
なかなか上演されない演目で、
平成4年に孝夫時代の仁左衛門で上演された後、
平成23年3月に国立劇場でかかったのですが、
あの3.11、東日本大震災のために途中で中止となりました。
私もチケットを払い戻しています。
翌24年に仕切り直しでもう一度公演、ようやく観られました。

そのときは、
筋を追うのがとても大変でした。
仁左衛門が「左枝大学之助」と「太平次」の二役をやるんですが、
なんでこの二役をいっしょにやるのかもストンと腑に落ちていなかったし、
頭のなかに「なぜ」がいつもあって、
演目を楽しめるところまでいっていなかったというのが本当のところです。
唯一印象的だったのは、
「大和の倉狩峠」=「奈良の暗峠」にぽつんとある家での場面。
太平次の女房お道が、最後に夫の悪事に見切りをつけて裏切るところでした。

それに比べて、
今回はなんと「悪の華」を楽しめたことか!
自分の心持の違いでしょうか。
今回は仁左衛門丈が監修しています。

まず第一幕第一場、
燈籠の陰から笠をかぶった武士が出てきたその瞬間、
あ、これが大学之助だ、悪いヤツの親玉だ!とわかる、その大きさ!

先月の「新薄雪物語」、「花見」の場でも、
仁左衛門は秋月大学という悪者の役で、笠をかぶって出てきます。
そのときより、さらにダークな空気を身にまとっていた感あり。

この大学、敵だけでなく味方までも、
用済みだったり気に入らなかったりするとバッサバッサと斬りまくる。
文字通り、問答無用。
生殺与奪、オレが決める!の悪の権化です。

その大きさに比べ、
太平治は本当にこすっからいヤツで、
仁左衛門はその太平次を、背中を丸め、首をすくめ、軽い調子で演じる。
反りかえり、肘を張って大きさを見せる大学之助とは、別人です。
早口で、ときにコメディタッチに、ときに色っぽく。
「ワルだね~」とこちらもニヤっとしてしまう、ちょっと憎めないヤツ。
と思いきや、
殺し場では容赦ない。背筋が寒くなります。

とりわけ倉狩峠で
お米(中村米吉)と孫七(中村隼人)を串刺しにするところ!

太平次の留守中、
味方と思っていた太平次が敵方の人間と知った二人と
戻ってきた太平次との息を呑むやりとり。
太平次の殺気がものすごい。
手に汗握る緊張感です。
そして、最後は串刺し。スローモーションで反り返り崩れていく美男美女と
仁王立ちの殺人者の構図は、
一枚の錦絵として妖しく、美しく、圧倒的なパワーを放つ。

米吉の断末魔の叫び声と、
白塗りの顔にほつれ髪がかかる隼人の死に顔の美しさは絶品で、
いつまでも、目に、耳に、残ります。

一度観たはずなんですが、
最後はいったいどうなったか、
悪の権化、大学之助は因果応報で誅伐されるのか????

・・・ここがミソ!

確かに大学之助、一太刀浴びたことは浴びたのですが、
最後の最後まで見せずに、
「本日は、これ~ぎ~り~」の切口上で、強制終了!

だから歌舞伎は面白い、のでありました!

この通しでは、一幕から三幕まで、仁左衛門出ずっぱりです。
体力的に、かなり大変ですので、
この先何回できることか。
ご覧になれる方は、ぜひ今月、松竹座へお越しください。
「悪」なのに、「カッコいい」。

この公演中に、片岡仁左衛門は人間国宝に認定されました。
歌舞伎の真骨頂を、お楽しみくださいませ。

大阪の松竹座昼の部で、「ぢいさんばあさん」を幕見しました。
歌舞伎座のさよなら公演で観た片岡仁左衛門x坂東玉三郎コンビでの感動があまりに強すぎて、
そのとき以来、ほかの配役でこの演目が上演されても、
食指が動かず観劇を故意に避けてきました。

久々に片岡仁左衛門の伊織に会える!

期待いっぱいに席に着きました。

武士の夫婦としてはありえないくらい、
あけっぴろげにラブラブな二人を見るにつけ、
この二人の行く末を知っているだけに3分もたたないうちに涙腺が熱くなり・・・。

京都に単身赴任する夫・伊織に
面と向かって「私、さみしい」と言えない若妻るん(中村時蔵)が
抱っこした生まれたばかりの乳飲み子に
「お父様は遠いところにいくんですよ。さみしいけれど、二人でお留守番しましょうね」と
自分に言い聞かせるように言う場面。

それを聞いた伊織が庭に降り、
るんに背中を向けながら桜の木を抱いて、
「来年の春には満開の桜を見せてくれよ、きっと帰ってくるから」と
本当は背中を向けたるんに向けての「待っててくれよ」を口にする。

それが帰ってこれない・・・と、知ってる身の上としては
前半も前半、最初のところですでに滂沱。

ところが。

新しい発見もありました。
ラブラブな二人の関係に何かを水を差す役まわりの下嶋の人となりです。

別れを惜しむ伊織夫婦にいとまを与えまいと、
一緒に京都に赴任するのというのに、
もっと碁につきあえとせがむ下嶋(中村歌六)。
「俺なんか、うるさい女房と離れられてかえってさっぱりする」というセリフが
非常に胸にささる。
同じ境遇でありながら、夫の単身赴任をそれほど寂しがってくれない奥方との
寒々しい下嶋の家庭が目に浮かぶようです。

京都に行っても
自分から30両という大金を借りて名刀を手に入れながら、
その名刀のお披露目の宴席に自分を呼ばない伊織に
「それは筋が違うだろう」はごもっとも。
その上「お前はオレのことが嫌いなんだ」と言うと
「なーんだ、知っていたのか。実はそうなんだ」みたいに
あっさり「お前が嫌い」を告白する伊織の天然ぶり!

正直すぎるところを「かわいい」「そこがいいところ」と好かれる伊織と、
正論を言っても「しつこい」「やなやつ」と疎まれる下嶋。

今までイヤな奴だと思っていた下嶋が、
急にかわいそうになってきました。
そう、「眠りの森の美女」で王女誕生の祝宴にハブられた
魔女マレフィセントを思い出した。

仁左衛門による伊織の人物造形は、
単なる「いい人」ではありません。
「昔はヤンチャしてた短気な男だったが、美しく優しい女と出会って身を改め、
 子どもも生まれていよいよこの幸せな生活を守りたいと、
 争いごとを好まぬ男になった。
 でも、あまりにネチネチと非をあげつらわれ、思わず昔のくせが出て・・・」

「事を成し」てしまった後の伊織の目は、
江戸でるんに目㞍を下げていた伊織とは別人のように鋭く、
そして自分のやってしまったことへの後悔で漏らす
「うううううううううううう!」という叫びのならぬ叫びは、
満場に響き渡り、伊織の無念さが観客の胸に突き刺さります。

ティボルトを刺してしまったロミオのような感じですね。

後半はほのぼのとした中に、
やはり「坊は・・・」のところで感涙。
それとともに、
伊織単身赴任のもとをつくってしまったるんの弟・久右衛門(中村錦之助)が
姉夫婦が戻るまで家を守り通してきたその思いや
久右衛門の死後も父の遺言に従いそのまま家を守ってきた若い息子夫婦が
いよいよ家を明け渡すときの心情が
中村隼人と中村米吉によって鮮やかに語られます。

仮の住まいとはいえ、大切に住まってきた家を去るさびしさを吐露していた若妻が
最後に
「これから(新居で)私たち二人の本当の生活が始まるのですね」と
高らかに宣言するところが、今回はツボでした。
いつ元の家主がお帰りになってもいいようにと言い付けられ、
古い家だけどリフォームもできず、おそらくは置物の位置も変えず、
完璧な掃除を心がけた若妻のストレスとか、
もういろんなこと考えてしまいました。

ほのぼのとして、思わず顔がほころんでしまい、
そして涙が止まらない、
人の心に寄り添ったやさしい物語です。

詳しくはこちら

↑このページのトップヘ