仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

タグ:尾上菊之助

とるものもとりあえず、
とにかくまずは絶対見てソンはない今月の歌舞伎の紹介から。


初日に行ってまいりました。

素晴らしい座組です。
初日から、完成度高いです。全部いいです。が、

特に昼の部の「葛の葉」は必見!
中村七之助、そこにいるだけで泣けてくる、くらい、人物の気持ちが乗り移っている!
二役早変わりも見事。
相手役の中村梅枝(保名)も品のある中にも感情の揺れがあって素晴らしい。

あと、夜の部の「二人椀久」の美しさといったら、もう・・・。

今回の明治座は、昼は菊之助、七之助、勘九郎がすべて初役で挑む「女殺油地獄」、
夜は勘三郎さんを彷彿とさせる勘九郎が繰り広げる楽しいお話「浮かれ心中」がメインなんですけど、
それもとってもいいんですけど、
そのほかがこれだけよいと、
もう観るしかないですよ。
私は「葛の葉」がもう一度見たくて、下旬にもう一度観ることにしました。



昨日の歌舞伎座夜の部「籠釣瓶花街酔醒」は、
背筋がゾクゾクとなって震えるほど素晴らしい舞台でした。

「籠釣瓶花街酔醒」は
田舎から出てきた商人・佐野次郎左衛門が吉原の花魁・八ッ橋に魂を抜かれ、
入れ揚げたものの最後は皆の前で縁切りされて恥をかかされて恨みに思う話で、
花魁道中の華やかさ、廓遊びの楽しさなど浮き立つ場面も多く、
好きになってくれていると思った人からこっぴどく振られる辛さや、
好きな人に心変わりをしたなと責められる苦しさ、
皆のことを慮って振舞っていたのにそれがまったく評価されていないことへの憤りなど、
現代の私たちでも経験する感情がちりばめられていて、
歌舞伎ビギナーにもお勧めの演目です。
シネマ歌舞伎にもなっていて、こちらは玉三郎/勘三郎/仁左衛門の鉄板キャスト。
でも、
今回の菊之助/吉右衛門/菊五郎は、新たな「伝説の名舞台」になる予感満載です。

菊之助の八つ橋は、前回菊五郎の次郎左衛門で観ていますが、
そのときの、いわば楷書の硬さが消え失せて、美しさの中にも熟れて爛れた空気をまとい、
まったく違う八ッ橋像を打ち出してきました。
同じ人がこんなに違う表現ができるなんて、人間の潜在能力の高さに驚愕。
というか、菊之助、1月は立役で大立ち回り、2月は女方でバージョンアップ、
そして4月は「女殺油地獄」の与兵衛を初役、と、どこまで行くんでしょうか??
これからの歌舞伎を牽引してくれる、歌舞伎を体現してくれる、
素晴らしい努力と才能の人です。

吉右衛門の佐野次郎左衛門がまた凄い。
疱瘡の跡がひどくて顔にコンプレックスのある自分が、
金さえ積めば(そして廓のルールにのっとって上客になれば)
あの八ッ橋を自分のものにできる、と思ったそのときの顔!
最初の見染めの場面、ただ一目ぼれするだけでなく、
こんなに心の奥底にあった欲望が立ち上ってくるのを観たのは初めてです。

その後も人間の心の襞を丁寧に数えあげるような緻密な演技に脱帽。
「もしやあの超イケメンが八ッ橋の間夫では?」と思ったときの動揺。
なじられてもこづかれても、「ちがうよね、虫の居所悪いだけだよね」と
自分が嫌われているということに気づかないふりをしようとする弱者の哀しさ、
決定的な理不尽さに憤るどころか、周囲を気遣い怒りを呑みこみ、
薄笑いをうかべて小声でつぶやく「そりゃああんまり・・・つれないじゃないか」の痛切さ・・・。
そして何より、
最後の場面で、妖刀に取り憑かれたかのごとく別人格が立ち現れる不気味さ!
人間の弱さ哀しさ無念さを知り尽くしていなければ絶対にできない至芸です。

その上菊五郎が、これまでに見たことないような栄之丞を演じてびっくり!
間夫の栄之丞は、いわゆるヒモですが、
こちらは八ッ橋とは逆に、まったく爛れた感じがないのです。
「素人のときから契った」つまり、女郎に売られる前からの恋人だ、ということが、
(おいおい、その恋人に借金させていい生活してたら、いつまでたっても足抜けできないでしょ!)
という、ヒモへの非難めいた感情を起こさせない!
「俺はお前が何でも相談してくれるって信じていたのに、どうして身請けの話が進んでいるんだ?」
「さあ、この起請文を返すから、俺の起請を返せ!」
愛を誓って書いた紙、おそらくは廓に売られる前に書いて交わした起請文を、
そうして肌身離さずもっている栄之丞にけっこうムネキュンだった私。
「八ッ橋が身請けされたらこの生活はできない」なんて打算で縁切りを強要してるんじゃないのね、と
これまで抱いていた「イケメンだけどとんだヒモ」的栄之丞像がぶっ飛んでしまいました。

この溌剌直球間夫を演じるのは実父、イジメラれっ子体質の主人公は舅。
音羽屋と播磨屋の重鎮二人に挟まれて、
堂々と真ん中で舞台を張る菊之助。
3人の緊張感が隙間なくピシッと決めてくれて、観客は息を詰めて彼らを見守るのみです。
花魁の綺麗どころに梅枝、新悟、米吉。米吉がほんのチョイ役というぜいたくさ。
脇には手堅い又五郎、立花屋の主人に歌六、女将に魁春とこれ以上ない布陣。

絶対観るべき舞台です。
まだ初日から何日も経っていないのに100%の完成度。
その上、たった3日の間にもどんどん進化しているというから驚きです。

菊之助、冒頭の花魁道中で振り返り、「艶笑」を客に送るところが最初の見どころですが、
この笑みが何層にも変容していくさまには度肝を抜かれました。 
ほんとに次郎左衛門と同じくらい、口あけて凝視してしまいました。
(艶笑は、昨日はそれまでにないくらい長かったらしい)
そしてラスト、こときれるときがまた、素晴らしい! 
ぜひ、まばたきせずに演技が終わる最後の最後までご覧ください!
 
板の上に立った役者たちがわれこそ主役としのぎをけずり、
さらに、これまで八ッ橋を、次郎左衛門を、栄之丞を演じてきた名優とも競う舞台。
これが、歌舞伎です!
まだこれからでもお席がとれますので、
だまされたと思って行ってみてください。
今回は花魁道中があるので、花道が見える1階席、東席が特におすすめです。
(他の席からでも七三での「艶笑」は見えますが、西席からは見えませんので注意)

今月の歌舞伎座は、松竹創業120周年と二世尾上松緑二十七回忌追善興行が重なり、
豪華なメンバーによる公演になっています。

昼の部
「音羽嶽だんまり(おとわがたけだんまり)」
「歌舞伎十八番の内 矢の根(やのね)」
「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」
「人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)

「音羽嶽だんまり」
は、
尾上松也、中村梅枝、尾上右近、中村萬太郎、中村児太郎と、
若い力で魅せる舞台。
「だんまり」とは、夜の暗闇の中で、誰が誰だかわからない中、
敵と味方が錯綜していくさまをスローモーションで見せるスタイルです。

「矢の根」は、
二世尾上松緑二十七回忌追善狂言。
孫の松緑が主役の曾我五郎を務めます。
曾我十郎役に、坂田藤十郎という、豪華な舞台です。

「一條大蔵譚」
主役の一條大蔵長成が片岡仁左衛門、常盤御前は中村時蔵、
吉岡鬼次郎に尾上菊之助、妻のお京に片岡孝太郎と、
実力者ぞろいの義太夫狂言。
私としては、仁左衛門の大蔵卿も楽しみですが、
菊之助の鬼次郎に注目しています。

「人情噺文七元結」も二世尾上松緑二十七回忌追狂言。
こちらは尾上菊五郎が主役の長兵衛です。
女房お兼は中村時蔵。
菊五郎劇団の世話物でこの二人のコンビですから、
安心してゆったりと楽しめますね。
怪我してしばらく休演していた市川團蔵も、角海老手代藤助で復帰。
うれしいばかりです。
ほかに和泉屋清兵衛が市川左團次、角海老女将お駒が坂東 玉三郎。
脇も、ものすごいキャストで固めています。

夜の部
「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」より「阿古屋」と
「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)」の「髪結新三」

夜の注目は、なんといっても「阿古屋」でしょう!
この演目は大変特殊で、いつでもどこでもできる演目ではありません。
「阿古屋箏責め」といって、
愛人・景清の居場所を白状させるため、遊女・阿古屋は
拷問の代わりに、「箏」「三味線」「二胡」の三楽器を衆目の前で弾かされ、
「居場所は知らぬ」という証言が嘘でないか、心の揺らぎを測られるという場面です。

・・・ということは・・・
阿古屋役の女方は、その三楽器を弾かねばならない。
「口パク」とか「エア」とかなしです。
ちゃんと弾く。それも、上手に弾けなければ、「名手への拷問」にはならないわけで。

歌舞伎俳優は、踊りなどのお稽古と同時に楽器も習いますから、
三味線の上手な人、鼓の上手な人、などなど、たくさんいらっしゃいます。
でも、箏も三味線も、さらに二胡まで弾けて、それも相当の名手、なんていう人はそうそういません。

現在「阿古屋」が演じられる人は、坂東玉三郎ただ一人です。
歌舞伎ファンの間では、

体力も気力も必要な「阿古屋」を、
完璧主義者の玉三郎がいつまで演じるか、そろそろなのではないか、
ということは、今月が、玉三郎の、つまり「阿古屋」自体の見納めになるのでは?
・・・という憶測が、歌舞伎ファンの間でささやかれています。
ぜひ、この機会をお見逃しなく!

もう一つの演目が「髪結新三」
こちらが夜の二世尾上松緑二十七回忌追善狂言で、
新三を孫の松緑が初役で演じます。
孫の左近が丁稚長松。
二人を支える音羽屋の面々がすごい!
チョイ役も含め、豪華すぎる!

髪結新三    松 緑
白子屋手代忠七    時 蔵
下剃勝奴    亀 寿
お熊    梅 枝
丁稚長松    左 近
家主女房おかく    右之助
車力善八    秀 調
弥太五郎源七    團 蔵
後家お常    秀太郎
家主長兵衛    左團次
加賀屋藤兵衛    仁左衛門
肴売新吉    菊五郎

「肴売新吉」って、あの、「カッツォ、カッツォ~!」って
初鰹を売りに来て新三の長屋の玄関先で捌く、あの新吉ですから。
それを大幹部の菊五郎丈がやるんですから!
御馳走役っていうか、もう絶対見られそうにない配役ですよ。

昼の藤十郎丈もそうですが、
追善公演というのは、襲名披露公演と並んで、
「その人(襲名の場合は先代)にお世話になった」という感謝の意味が込められていて
心温まる舞台になりますね。

詳しい情報はこちらをどうぞ。


2015年9月昼の部では、
「競伊勢物語(だてくらべ・いせものがたり」が素晴らしい!
何がいいって、
尾上菊之助の信夫(しのぶ)が最高です!

幸せいっぱいの新婚さんのはなやぎ、
夫のためにプレゼントしたい一心で冒険してしまうところ、
すべての罪を自分だけで終わらせるために、
大好きな母親の前で悪い子ぶろうとするが本心ではないところ、
目の前に実の父親が現れてうれしがるけれど、
育ての母を心から愛するところ、
育ての母のためにも父の言いつけに従うも、
親子の名乗りをしたばかりのその父に殺される運命を、
けなげに受け入れるところ・・・。

ジェットコースターな1日を過ごすことになった一人の田舎娘の
心境が手に取るようにわかります。
もう、すべてがパーフェクト!

このところ、「碇知盛」など立役への挑戦が続く菊之助ですが、
女方としての自分の魅力、力量、あるいは女方の可能性に
改めて目覚めたのではないでしょうか。
夜の部「伽羅先代萩」の沖の井とともに、一回り説得力が増したように思いました。
(菊之助の政岡、観てみたいです!)

もちろん、老母の優しさと悲哀を演じたら右に出るものはいない中村東像の母・小由は
今回も絶品です。
なんでこの人は、全身から無垢な母性オーラを放てるんでしょう。
わざとらしさ、たくんだいやらしさがまったくありません。

紀有常がなぜ娘・信夫を殺さねばならないのか、
やむにやまれぬ彼の立場が、今回はあまり丁寧に描かれていません。
だから
左遷されていた辺境の地で土地の女に産ませた娘を気心知れた小由夫婦に預けっぱなしで出世し、
20年も経って「おお、ちょっと寄ってみたけど元気だった? 娘にも会いたいな~」
みたいなことを言って娘に会って、
「僕が血を分けたパパです。君も貴族。ダンナも一緒に出世させるから都においで」と誘い、
でも実は自分の娘として育てているけど本当は主人の娘である井筒姫と似てるからって
姫を窮地から救うために首斬って身替りになれってどうよ?

実はこのとき、有常自体がすでに囚われ人で、
井筒姫の首を持ってくるか監視されている、とか、
そういう背景がわからないと本当にひどいヤツにしか見えないんですが、
それでも吉右衛門が信夫に斬りつけるときの
「ゆるしてくれ!」という叫びには、
有常の苦悩と悲痛のすべてが込められていて、
すでに有常の全身がズタズタで、血がほとばしり出ているようで
私はこの一言だけで、有常を赦せるような気がしてしまいました。

・・・まあ、私がゆるしてもしかたないんですが。
ゆるしたくもないんですが。
それに信夫は、もうゆるしてるし・・・。

でも、実の父だと言われて一緒に来いって言われて、
十二単衣を父の手づから着せてもらって櫛けづってもらって、
いきなり「死んでくれ~!」ですからね・・・。
本当にゆるせるものなんだろうか。
信夫は死罪にあたる罪を犯してしまっていて、捕まれば育ての母にも累が及び、
その連座から抜け出すためにまず母と縁を切るという信夫の側の理由もあったので、
どうせ死ぬなら母に迷惑がかかからない死に方でっていう究極の選択ではあるものの・・・

優しい母がいて、愛してくれる夫がいて、
そんな平凡で穏やかな生活が、たった一日で崩れていく、
悲しいお話でした。

(「競伊勢物語」の詳しいあらすじはこちらをご覧ください)

2015年9月の歌舞伎座夜の部は
「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の通し狂言です。

通しなので、「花水橋」「竹の間」「御殿」「床下」「対決・刃傷」と
時系列に並びます。
単独でよくかかるのは「御殿」と「床下」です。

「御殿」の前段となる「竹の間」
八汐(中村歌六)が幼い主君・鶴千代を守ろうとする乳母・政岡(坂東玉三郎)を
追い落とそうと難癖をつける場面です。
八汐は女性の役ですが、女方ではなく立役が憎々しく務めるのがならい。

わかりづらいのが、八汐とともに鶴千代を訪問する沖の井の立ち位置です。
八汐の手下なのか、違うのか、ビギナーにはなかなか判断がつきません。
今回は菊之助が沖の井の清廉潔白な人物の輪郭をくっきりと表し、
表立ってはどちらの側にもつかないけれど、八汐の言動のほころびを巧みに突き、
「間違ったことはさせない」という毅然とした態度を貫いて、この場の意味がよく理解できました。
この場で玉三郎が着用している打掛がとても美しいので、そこにも注目してください。

「御殿」では
前半に「飯炊き(ままたき)」といって、
毒を盛られぬよう自分でご飯を炊き上げるシーンがついています。
お米をとぐところから何から全部やります。
もちろん、「エア飯炊き」ですが、手順を省かないので時間がかかる。
そこがまどろっこしい、というむきもありますが、
朝から何も食べていない幼い2人がまだかまだかと炊き上がるのを待つしぐさが健気ですし、
「にぎにぎ」を食べる二人の姿は本当にほっこりします。
先日、「竹の間」→「御殿」(飯炊きなし)を見たら、子どもたちはずっと何も食べられていないようで
とても可哀そうになりました。
後半が悲劇なだけに、ここは落差を感じるためにも重要な場面なのではないかと思います。

その後半は、
乳母政岡が、主君の子である鶴千代を守ることを優先して
自分の子が殺されようとするのをみじろぎもせず見つめるところがハイライトです。
たった一人になったときにようやく母の顔に戻り、
鶴千代のために、進んで毒を食らい幼いながら毒見役をまっとうしたわが子に
「でかしゃった、でかしゃった」と声をかけながら
つらい涙を流します。
母の目の前でわざと子を殺す八汐も残酷ですが、
位も上なら悪者としても上をいく、栄御前もお上品だが食えないヤツ。
上村吉弥が能面を思わせる得体の知れぬ無表情で好演しました。

「また子どもを見殺しにする話ですか」
「それも今度は母親とは。鬼母か!」
などと一蹴するのは本当にもったいない!
ありえない仕掛けの中に現代にも通じるリアリティが溢れています。

政岡が鶴千代や千松にかける言葉には
一つひとつに母として乳母としての愛情が滲み出ていますし、
政争に巻き込まれた幼い命を守るため、必死になる様子には手に汗握ります。
前半は「〇〇夫人」が夫の権力をかさに着るみっともなさが浮き彫りになり、
溜飲が下がる場面もあり。
不条理な世間の中でいかに生きるか、
長いものに巻かれ自分を見失うまいと、必死に生きる人たちの物語は、
現代の私たちにもいろいろなことを感じさせてくれます。

女同士による勢力代理戦争である「竹の間」「御殿」に対し、
「床下」「対決・刃傷」は武士の世界が繰り広げられます。

「床下」は忍術使いがネズミになって証拠の連判状を持ち去るという、
幻想的・様式的・奇想天外な場面です。

ネズミを踏みつけて出てくる男之助(尾上松緑)は正義の味方、
そのネズミからドロンドロンと変化して正体を現す悪者が仁木弾正(中村吉右衛門)。
仁木弾正が花道を退場する場面で「宙のり」を使うバージョンもありますが、
今回は、暗闇の中、ろうそくの光が妖しくゆれる中での退場です。
吉右衛門の弾正が、息を呑むほどの存在感で、
何のセリフもなくただ花道を歩くだけなのに、圧倒されます。
あまりに大物のために気勢をそがれ、立ちすくんでつかまえそこなう、みたいな感じが
よく出ていました。

これだけの仁木弾正の「床下」はそうそう見ることができません。
たっぷり味わうためには、1階後方花道寄りのお席がおすすめですが、
2階3階からも、
ろうそくの明かりがもたらす弾正の影が、次第次第に大きく幕に投影され
まことに効果的に仁木弾正の残像をもたらします。

「対決・刃傷」は一種の「大岡裁き」的な裁判もので、
細川勝元による公正な裁判でハッピーエンド。
市川染五郎がすっきりとした勝元を演じ、
前半は悪者の八汐だった中村歌六が、この場では頼兼サイドの重鎮・外記左衛門を務めます。

濃密にして手堅い、
非常に素晴らしい舞台なので、ぜひご覧になっていただきたいと思います。


(詳しいあらすじはこちらのサイトに出ています)

↑このページのトップヘ