仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

タグ:寺子屋

「寺子屋」は、
源蔵が道真(=菅丞相:かん・しょうじょう)の息子である菅秀才(かん・しゅうさい)を
我が子と偽ってかくまっている細々と営む山間の寺子屋でのお話です。

なぜ平安時代の人間のお話に寺子屋なのか、については、
「菅原道真の時代に寺子屋はあるか?」をお読みください。

また、
どうしてかくまっているのか、など前段のお話は、(3)の「筆法伝授」をお読みください。

このお話は、詳しくあらすじを書きません。

なぜなら、サスペンスだから。

ネタバレしたら、つまらないから。

何度も観ている歌舞伎ファンならともかくも、
歌舞伎ビギナーズ、
すべてわかってしまったら
たった一度の「初めての衝撃」がなくなってしまいますから。

「菅原道真の時代に寺子屋はあるか?」にも書きましたが、

「京都殺人案内・山間の塾殺人事件~元エリート校教師、新入生を殺す
やむにやまれぬ子殺しの理由と衝撃のラスト! せまじきものは宮仕え」

みたいなお話です。
ちょうど2時間ドラマ1本見ると思ってください。

今回は終盤、
源蔵(尾上松緑)の「殺気」がすごかった。

まずは、
寺入り(新しく入塾)してきた寺子(てらこ・生徒)小太郎を迎えに来た母親(片岡孝太郎)と。

隙あらば、と孝太郎に背後からにじり寄る松緑のすり足。
何も感じていないような顔をして、体中をセンサーにする孝太郎。
まるで武士と武士との一騎討ちを見るかのごとき緊張感に、
思わず息を詰めて目を見張る。
刀を振りかざした男が、文箱一つで立ち向かう女に一瞬たじろぐ、
そこに「戦い」のリアリティを見ました。

こうした命のやりとりの真っ最中に乱入してきたのが、
松王丸(市川染五郎)。
時平の手下であり、さっきまで自分たちを蹂躙していた松王丸の登場で、
源蔵は一騎討ちの興奮状態に凄まじい怨念も加わって、
凄まじい勢いで松王丸に飛びかかっていきます。
松王丸は、そんな源蔵を制しつつ、
大小二本の刀を源蔵の前に放り出し、自らのホールドアップを伝え、
とにかく話を聞いてくれ、と源蔵にひれ伏す。
それでも訳がわからない源蔵は、
いつでも松王丸を討ち取れるよう、腰をうかして膝をつき、
右手に持った刀をまっすぐに立てて持って臨戦態勢。

しかし松王丸の述懐を聞くうち、
ある事実が絶対であると悟ったときに、
源蔵松緑は、全身の力を抜き、刀を置き、
たすき掛けにした紐を肩からほどき、
居ずまいを正して正座するのです。

源蔵も松王丸も、
主であって主と言われぬ菅原道真に対し、
不忠者と烙印を押された忠義者同士。
いずれも「不忠者ではない」証を立てんがため、
何の罪もない子どもが犠牲になる。
ラストシーンは、
殺した夫婦が右に、殺された夫婦が左に、
それによって助かった親子が頂点に立って幕となります。

「清廉潔白」な菅原道真を讃える物語は、
彼の「非の打ちどころのなさ」を守るために、
どれだけの人々が不幸になったかを観客の胸に突き刺して終わります。

つまり、
せまじきものは、宮仕え。
天神様の話のようでいて、しわ寄せを食らうしもじもの、弱者の話なのであります。

昨日に続いて、
夜の部の「寺子屋」のレビューを書きたいのですが、
今日はその前に、
私が歌舞伎を見始めたときの率直な疑問について書きます。


「寺子屋」は
「菅原伝授手習鑑」という、いわば大河ドラマ、連続ドラマの中でも
非常に人気のある場面です。
でも「寺子屋」って江戸時代の塾のことですよね。

菅原道真は平安時代の人なのに、
なぜに「寺子屋」??



歌舞伎ビギナーズにはまず理解不能です。
私がそうでした。
越えねばならぬ、第一ハードル。

こういう時代考証無視の作品、実は歌舞伎に多いんです。
でも今はもう慣れました(笑)。っていうか、
そういうシステムだということをわかれば何の問題もありません。

ちょっと説明しますね。

まず、
歌舞伎では「時代物」「世話物」という区別があって、
「時代物」というのは、私たちが今「時代劇」といっているものです。
江戸時代の人にとって、
「時代劇」は、平安時代だったり、室町時代だったり、戦国時代だったりします。
そして
「世話物」というのが、江戸時代の「現代劇」で、
江戸時代の風物、とくに商人、町人の生活が色濃く描かれます。
というのも、江戸時代、今の政治のことを描くのはご法度。
だから「現代劇」はホームドラマや恋愛ドラマに限られました。

今回歌舞伎座で上演されている「菅原伝授手習鑑」は時代物
江戸時代の時代劇です。

そして「時代物」の多くに、
「時代世話」という場面が挿入されています。
これは何かといいますと、
すごーーーーくひらたくいえば、
「時代劇の一部分を現代的にしたもの」

え?
そんなことできるの?
・・・とお思いかもしれません。
でもけっこう、私たちもやってるんです。

たとえば「必殺!仕掛人」シリーズ
時代劇に現代性を入れ込んだものとしては草分けではないでしょうか。

「ムコ殿!」で有名な、中村主水の家庭内でのやりとりは、
「時代劇」というよりホームドラマです。

「時代劇」は、
今と異なる空間を楽しむものでありながら、
やはりどこかで自分と共通のものを探して共感できなければ
「面白い」とは感じられません。

だから制作側は
「昔の話を昔のままにやるとわかりにくいので、
 今の人がすぐにピンとくるように、何か工夫が必要だ」と
学園ドラマやホームドラマっぽくしてみたり、
テーマも、
歴史的事実がどうのこうのより、
公金横領とか、保険金殺人とか、
そのときの大事件を時代劇にアレンジしたりして
身近に感じてもらおうとする。

人気のある時代劇というのは、
少なからず「現代」の空気を含んでいるものなのです。

そういう工夫の一つとして、
歌舞伎や人形浄瑠璃では
より身近に感じられ、登場人物の立場や心情がつかみやすいように
風俗を現代的、つまり江戸時代的にしている、と考えてください。

たしかに時代考証デタラメです。

昼の部でも、
菅原道真は平安時代の恰好(直衣直垂)でいるのに、
「道明寺」に出てくる道真のお母さんは
どう見ても江戸時代の衣裳。・・・・でも・・・・


「いいんです!」


いいんです、そんなことは。
フィクションですから。つくりものですから。
泣ければ。楽しければ。わかりやすければ。

それに先ほど述べましたが、
ダイレクトに社会批判ができないくくりの中、
作者たちは「時代劇」の枠(世界、といいます)を借りて、
今そこにある問題を、たくみに描いてみせたのです。
すごいでしょ?

「でもさー、急に衣裳変わったり、時代が飛んだり、
 かえって複雑になって、ついていけなくない?」

・・・と今つぶやいたアナタ!

同じこと、
現代でもけっこうしてません?

織田信長が
東京ガスのCM「ガス・パッ・チョ」で箪笥から出てきたり、
お茶が飲みたくなって「利休も呼んじゃった!」とか。

トヨタのCMでは車で高速を走っていたり、
さっき武将姿だったと思ったら、今度は洋服だったり。

桃太郎と金太郎と浦島太郎が友達で、
浦島太郎が玉手箱あけたら携帯出てきたり、

皆楽しいでしょ?
わかりやすいでしょ?

江戸の人たちも、そういう楽しみ方をしていた、ということです。

キャラクターからかけ離れていなければ、
(役の性根がおさえられていれば)
よいアレンジはオリジナリティとして評価され、
人気も出て再演が重ねられ、
そして古典になっていって今に至ります。

冒頭に申しあげたように、
「寺子屋」はとても人気のある作品。
上にいろいろ書きましたが、
この「寺子屋」の段だけで、
非常に密度の濃いサスペンスドラマになっています。
(衣裳的にも、ほぼ全部江戸時代ですし、
 菅丞相は出てこないし、
 いわゆる「時代劇」として普通に楽しめます)

火曜サスペンス風に言えば
「京都殺人案内・山間の塾殺人事件~元エリート校教師、新入生を殺す」
みたいなお話です。

夫婦で殺人計画を練る場面の緊張、
その後のどんでん返し、
見どころ満載です。

とても面白かったので、ぜひご覧ください!
オススメ!
レビューを明日書こう、と思ったのですが、
これは昼の「筆法伝授」を先に書かないと。
せっかくの通し狂言なんで・・・。

(だから昼を先に観なくちゃいけないのに、すみません)

レビューのほうは下旬になります。

↑このページのトップヘ