仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

タグ:仲野マリ

明けましておめでとうございます。
本年が皆様にとってよい年でありますよう、
そして歌舞伎にとっても素晴らしい年になりますよう
心からお祈り申し上げます。

私の講座は1月9日(金)13:30からです。
1月17日からのシネマ歌舞伎「日本振袖始」について語ります。
ヤマタノオロチとスサノオの対決を、
近松門左衛門がどのように「女の物語」にしたのか、
神話と江戸とのリミックスにぜひご期待ください。

詳細はGINZA楽・学倶楽部まで。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。



【2014年12月5日】
本日の講座をもって、
GINZA楽・学倶楽部での講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」
めでたく1周年を迎えました。

これまで講座に参加してくださった方、
講座運営を支えてくださった方、
応援してくださった方、
すべての方々に感謝申し上げます。

1周年を機に、
歌舞伎講座に特化したブログを始めることといたしました。
講座の告知、ご報告のほか、
その月に上演される歌舞伎のみどころや特徴、
実際に観劇した舞台のレビューなどもこのブログにまとめます。
また、
歌舞伎と関連の深い文楽、能、狂言などについても、
興味をもっていただけるよう話題を提供する予定です。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

これまでの講座内容については、仲野マリの公式HPのうち、
「Kabuki Lecture」のサイトをご覧ください。

GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。



↑このページのトップヘ