仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

タグ:中村鷹之資

中学生、高校生は、
歌舞伎俳優にとってはざまの季節です。
ふさわしい役も少なく、声変わりもあり、普通舞台から遠ざかります。
舞台からは遠ざかっても、稽古は続く。
このときどれくらい稽古に励むかで、のちに花開き、成る実の大きさが変わってくるものです。

そんな季節の中村鷹之資が勉強会の翔の会(8/2)で挑んだのは、
なんと、
これまでやったことのない女方の「藤娘」
歌舞伎ではなく能の「安宅」です。

父・中村富十郎はすでにありませんが、
鷹之資の周りにはたくさんの応援者がいて、
彼を支えています。
その支え方が、尋常ではないことが、この会でよくわかりました。
また、鷹之資もその尋常ではない厚情をよく理解し、
全身全霊で応えようとしています。

まずは「藤娘」。
能楽堂の橋掛かりに姿を現したときの可愛らしさ!
想像以上に似合っていました。
所作事は、上半身は軟らかいのですが、下半身の足さばきに男が出ます。
初めての女方ですから、仕方ないですね。

KAATで坂田金時の飛び六法を見たときから、
いつか鷹之助の弁慶が見たいと思っていたので、
「安宅」は楽しみにしていましたが、
まさか能で、ここまで本格的にやるとは思っていなくて、びっくりです。
故・片山幽雪師、九郎右衛門師に習い、
地謡がその九郎右衛門に味方玄、武田祥照というぜいたくさ!
いったい私は何を見に来たのかわからなくなりそうでした。

女方、能、と自分の土俵ではないところでの作品が2つ続き、
最後に踊った「玉屋」でようやく本領発揮。
様々な情景をしなやかに、楽しそうに、リラックスして踊る姿に、
この人は本当に踊りが上手いな、と感心至極。

妹の渡邊愛子も「雨の五郎」で初めての立役に挑戦しています。

今月は、自主公演や勉強会も多いです。

おもな自主公演は

第2回「翔の会」(現在高校生の中村鷹之資の勉強会)8/2@国立能楽堂

第7回「挑む!」(尾上松也。特別出演片岡孝太郎)8/8@神奈川芸術劇場(KAAT)

第1回「研の会」(市川右近。ゲストに市川猿之助)8/22、23@国立劇場小劇場

第1回「双蝶会」(中村歌昇・種之助兄弟)8/24、25@国立劇場小劇場

勉強会は

第21回稚魚の会・歌舞伎会合同公演(研修修了生と名題下)8/13~17@国立劇場小劇場
第25回上方歌舞伎会(「若鮎の会」を中心に関西系の若手)8/22、23@大阪国立文楽劇場

公演日数が少なく、小さな劇場を使うこともあり、
チケットはすぐに売り切れてしまうものが多いです。

日ごろはなかなか回ってこない大役の勉強の場として、
出来栄えよりも挑戦、努力が目的の公演ですが、
伸び盛りの若手ならではの輝きを目にする好機であり、
なによりファンにとっては貴重な時間となることでしょう。

↑このページのトップヘ