仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

タグ:中村橋之助

遅ればせながらのレビューですみません。
どうしても書いておきたかったので。

七月、大阪松竹座に行ってきました。
もっとも感激したのは
片岡仁左衛門&中村雀右衛門の「鳥辺山心中」
仁左衛門が雀右衛門の肩に手を回す、その手にやさしさと色気が溢れて胸が痛くなるほど!
私は筋書(プログラム)はいつも買うけど、舞台写真は原則買わないのですが、
今回はどうしてもほしくて、でもタイミングを逸して買うこと能わず、
その後観劇で大阪に行く人に1人頼んで間に合わず、それでもあきらめられずに
もう1人に頼んで買ってきてもらった、という、本当にうっとりするほどの舞台でした。

写真でも、その「手」を見るだけで、舞台の感激がよみがえってきます。
 

同じ松竹座夜の部
「菊畑」も素晴らしかったです。
実は兄弟なのにそしらぬ顔で主人と家来、しかして実は正体がわかっていて、
…という二転三転の腹芸がキモとなっているこの舞台、
演じる人を選びます。今回は、なかなか出ない格調の高さで緊迫感あり。
中村歌六の鬼一法眼の貫禄、梅玉の若々しい牛若丸、温かみのある橋之助の鬼三太、
孝太郎の恋する中にも気高い皆鶴姫、
最近太い役も難なくやってのけるようになった亀鶴の湛海。
言うことなし、でした。 

今年の歌舞伎界は、3月に五代目中村雀右衛門、秋に八代目中村芝翫と襲名披露が続きます。
歌舞伎一門で直系の息子は、生まれた瞬間から父の名を継ぐことを求められて育ちますが、
襲名の時期は自分で決められません。
とりわけ「大名跡」と言われる由緒ある名前の場合、
その名を名のるにふさわしいか厳しく問われます。

裃姿の役者がずらっと並び、順々に神妙な挨拶をしていく口上は襲名披露の公演のハイライト!
観客の私たちも歴史の1ページの一部になったようです。(文:仲野マリ)

詳しくはこちらをどうぞ。
http://www.eigeki.com/special/column/kabukisaika_n07

今月の松竹座は、
昼が「鈴ヶ森」「雷船頭」「ぢいさんばあさん」、
夜は「 絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)」の通し狂言です。

夜の「絵本合法衢」では
先月、「新薄雪物語」の「花見」で
悪人・秋月大膳をスケール大きく演じた片岡仁左衛門の
悪人二役を演じ分けるところに注目。
その仁左衛門、
昼の部「ぢいさんばあさん」では、
まっすぐながら気短なため一生を棒に振ってしまった青年と、
その彼が苦難を越えてまるくなった老年とを演じ分けます。
泣けますよ、「ぢいさんばあさん」。
愛する夫の不在をひたむきに生き、再会を夢みる女性・るんを
時蔵が演じます。
その時蔵、「絵本合法衢」ではうんざりお松。
上品な武家の若妻るんと対照的に悪婆! 昼夜で女方の両極端を見せてくれます。
ほかに時蔵は「雷船頭」でいなせな踊もりも。

今月は、国立劇場にも大きな注目が集まっています。
女方として人気・実力とも評価の高い尾上菊之助が、
これまでに演じたことのないタイプの立役(男の役)に挑戦。
「義経千本桜」の「渡海屋(とかいや)・大物浦(だいもつのうら)」の
通称「碇知盛」です。
屋島の戦いで義経に追い詰められ、
死しても絶対に自分の首をとられまいと
碇を自身の体に巻きつけて入水していったとされる
勇猛な平知盛の最期を描いた作品です。

この「碇知盛」は、菊之助にとって舅である中村吉右衛門の当たり役。
菊之助はいったいどんな知盛を演ずるのか、
彼の目指す知盛はどんな人物なのか、
その目指すところまで、楽日までに到達できるのか、
さまざまに興味をかきたてる演目です。
こちらも3日からですが、歌舞伎座なみにチケットは完売。
普通の興行ではなく「歌舞伎鑑賞教室」で、
梅枝の内侍の局、萬太郎の義経、
亀三郎の相模五郎、尾上右近の入江丹蔵と
いずれも若手が大役に挑戦。
弁慶は市川團蔵で、脇を固めます。

詳しくはこちらから。


ほかに、巡業の東コースが松竹大歌舞伎
「中村翫雀改め四代目 中村鴈治郎襲名披露」。

「双蝶々曲輪日記」のうち「引き窓」と「連獅子」に
「口上」があります。
「引窓」は玩辞楼十二曲の一つ。
南与兵衛(南方十次兵衛)の鴈治郎のほか、
女房お早に中村壱太郎、濡髪長五郎に尾上松緑が扮します。
「連獅子」は、中村扇雀と虎之介の親子獅子です。
亀寿と亀鶴の宗論も楽しそうですね!

巡業ですので、各地で上演します。
会場や日時はこちらでお確かめください。

同じ巡業でも
東コースが上方成駒家なら、
中央コースは江戸の成駒屋。
中村橋之助一家が中心です。
「天衣紛上野初花」の「河内山(こうちやま)」と
「藤娘」「芝翫奴(しかんやっこ)」。
児太郎が藤娘を、国生が芝翫奴を踊ります。

会場や日程はこちらにて、必ずお確かめ下さい。

歌舞伎座では、
「新薄雪物語」が昼夜またいで通し上演されます。
昨年、若手が挑戦して非常に評判のよかった演目ですが、
今回は
大幹部が勢揃いで非常に重厚な布陣。
2月に仁左衛門さんのインタビューをしたときに、
「新薄雪に若手が挑戦するのは無謀とも言えたけれど、
 こうした古典に挑戦することは非常に大事だし、
 結果も成功したと思う」とおっしゃっていました。
ベテランも、大いに刺激されての今回の上演なのではないでしょうか。

昼の「天保遊俠録」は、
勝海舟の父親・勝小吉の物語。
中村橋之助が小吉を演じます。
私はこの作品が大好き。それも橋之助の小吉が大好き!
わかりやすいお話ですし、ビギナーにもおすすめです。
幕見でも楽しめるので、ぜひご覧になってください。

夜の「夕顔棚」は、ほのぼのとした舞踊作品。
とはいえ、
酸いも甘いも知り尽くした通人の
尾上菊五郎が婆、市川左團次の爺では、
どんな面白い掛け合いが飛び出るのか、予測不能!
これも仕事帰りに幕見しても楽しいかもしれませんね。

今月は、
博多座が充実しています。
四代目中村鴈治郎の襲名披露公演。

注目は「芸道一代男」。
これは初代中村鴈治郎が世に出るまでを描いた作品ですが、
香川照之が歌舞伎の世界に入るまでと重なる部分もあり、
この作品に脇役とはいえ市川中車(香川照之)が出るのには感慨深いものがあります。

5月の明治座で中車の芝居を観ましたが、
歌舞伎を始めた当初に比べ、なんと歌舞伎俳優らしくなったことか!
どれだけ努力したのか、本当に感心したので、
なおのこと博多に飛んでいきたい気分です。

ほかに松竹座で片岡愛之助の「鯉つかみ」。
先月明治座で上演していたものが大阪に行きます。

市川猿之助は巡業「特別舞踊公演」が続きます。
6/6(土)は羽田空港のターミナルで公演があり、お練りもあるとのこと。
ターミナル内に江戸の町並みを意識したエリアがあり、
江戸舞台もあるので、そこで上演するようです。

羽田中村座2

羽田中村座

羽田日本橋

羽田日本橋2
ここをお練りするみたいですねー。






各公演、詳しいことは、こちらでチェックしてみてください。






IMG_1924
浅草の仮設芝居小屋、平成中村座。
連日大盛況です。
当日券を求めて何時間も前から並ぶ人も多いそうです。

IMG_1922

この小さな芝居小屋の臨場感を
もっとも感じられるのが、夜の部最後の演目
「幡随院長兵衛」

劇中劇のさ中に、花道に居座る客が出て、
劇が中断しちゃうくらいの騒ぎになります。
すると、客席の間を縫って長兵衛参上!
親分っぷりが最高の中村橋之助です。
敵役(坂東彌十郎)も二階に現れるなど、
ここはどこ? 江戸? っていうくらい
お芝居の世界に入り込んでしまうこと請け合い。

実は私、
「幡随院長兵衛」ってどちらかというと苦手な演目で、
ここ数年、敢えて観ないようにしていました。
山の手やくざと下町やくざの抗争みたいな話で、
最後は
山の手やくざの親分(水野十郎左衛門)が、
下町やくざの親分(幡随院長兵衛)を自分の屋敷に招き、
アウェイの敵を亡き者にしようとする。
それをわかっていて長兵衛は一人乗り込むが、
長兵衛が剣術に長けていることを知っている水野は、
わざと着物に酒をこぼして風呂に入れと言って、
丸腰のところを大勢でよってたかって殺します。

そこの場面に来ると、
私は往年の東映のやくざ映画を思い出し、
殺す方もひどいけれど、
殺されるとわかって乗り込む方も乗り込む方で、
結局やくざ同士が血で血を洗うだけよね、と
とってもやりきれなくなるのでした。

でも今回は違いました。
長兵衛とその家族に思いっきり感情移入。

自分はそんなつもりなかったけれど、
街中で次々と若い者同士が衝突してしまう日々に
「いつか自分がすべてを背負うことを覚悟しなくては」と
思っていた長兵衛の心のうち。
周りから一目置かれる存在になった自分が
最後の最後に「怖くて逃げた」なんて思われたら、
自分の配下の者たちがこれから暮らしていけない、と
考えに考えて向かうところ。
どうせ畳の上で死ねるはずないのなら、
一介の町奴にとって、
八千石の旗本とタイマン張って死ねるなら本望だ、と考えるところ。
そんな「親分」としての一面とは対照的に、
死を覚悟して水野邸に赴く前に、
幼い息子に「こんな商売するんじゃないぞ」と言い置くところなど、
子どもや妻への愛情が滲み出るような橋之助の演技が絶品です。
ぐーーーっと心を持っていかれました。

中村橋之助の長兵衛があまりにかっこよかったので、
普段はあまり買わない舞台写真を買ってしまいました。

IMG_1916

↑このページのトップヘ