仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

タグ:中島かずき

いやー、素晴らしい作品に仕上がっています。
スピード感、現代感、歌舞伎らしさ、クウォリティ、スター性、
そして骨太なストーリー!
老若男女、歌舞伎通もビギナーズも、絶対はまる!
ぜひご覧ください!

以下幕間の私の叫び。

「阿弖流為」〜! ヤバイです!
 萬次郎さん、大化けにして芯の芝居〜!君臨!
新悟もいい!
染ちゃん勘ちゃん両雄両花の贅沢!
 セブンのセリフ術に惚れ惚れ。後半に続く!

いのうえ歌舞伎を知り尽くした染五郎が
初参加の勘九郎を自由に泳がせているため、
勘九郎の田村麻呂が思いっきりはじけていて素晴らしい。

阿弖流為と田村麻呂が競い合い、リスペクトしあう図が
染五郎、勘九郎のライバル心とシンクロして、
両花道で渡り台詞をかます二人がまぶしいほどにカッコいい!

スピード感あふれる殺陣の中に、
歌舞伎らしいゆっくりとした殺陣を入れ込むことで、
歌舞伎の立ち廻りの成り立ちとみなぎるエネルギーとを実感できる!
歌舞伎役者の身体が、いのうえ歌舞伎のハードな要求に
要求以上の美しさと鋭さをもって応えている! たまらない!

七之助は一人で三様のキャラクターをセリフできちんと分けて演じています。
衣裳とか化粧とかじゃない! そのままでも誰から誰になったのかわかる!

そしてなんといっても萬次郎です!
妖しく、美しく、そして恐ろしい悪の権化~!!!!

これは必見でございますよ。

七之助も新悟も萬次郎も、
今回は、女方のセリフ術の力に圧倒されます。
物語のすべては「声」にある。

脚本も素晴らしいです。
もう一度観たい。何度でも観たい。
2015年の、染五郎と勘九郎と七之助がタッグを組んで、
フルアウトで演じ切ることのできる今だからこそ実現した夢の空間!

ほんとにほんとにお見逃しなく~。

チケットとれなかった人、10月の大阪に賭けましょう!
(新橋演舞場も、2階席はまだチケットとれそうです)





今月、もっとも注目されているのが
新橋演舞場で上演される新作歌舞伎
「阿弖流為(あてるい)」です。

アテルイとは、8世紀末、大和朝廷の北進を阻んだ蝦夷の英雄の名。
しかし史実で確認できることは少なく、そのため彼を主人公としたたくさんの作品が生まれています。
2002年、同じ新橋演舞場で劇団☆新感線が
市川染五郎を主役にして初めて上演した『アテルイ』 。
今回は染五郎のほか、中村勘九郎、中村七之助などを配し、
すべての役を歌舞伎俳優で固めての完全歌舞伎化です。
中島かずきのディープな脚本、いのうえひでのりのスピーディーなアクション、
いのうえ歌舞伎のすべてを知り尽くす染五郎のリーダーシップが
新作歌舞伎としての「阿弖流為」をいかに花開かせるか、
絶対に見逃せません!

くわしくはこちらをどうぞ。

この「阿弖流為」、10月には大阪松竹座でも上演します。



ということで、今月の歌舞伎はどれも魅力的。
いずれもビギナーズにもわかりやすいものなのですが、
困ったことにチケット品薄。
もし手に入るようでしたら、迷わずゲットしてください。

ただ、
私は定価以上で求めたことはありません。
世の中にはチケットオークションというものがあり、
定価の何倍もの値段で取引されるプラチナチケットがあります。
お金に糸目をつけないで払える人はいいですが、
それが当たり前になってしまうと、
お金のない人は観劇できないことになってしまうし、
事実、
オークション転売目的で発売初日に何枚も買う人が
世の中にはいると聞きました。

演劇を愛する人たちは、
できるだけそういうシステムには載らず、
譲渡するときは、定価を上限に取引したいものです。

私がよく使うチケット交換・譲渡サイトはこちら
必ずゲットできるわけではありませんが、
とれない場合はこれもご縁とすっぱりあきらめ、
そこで使わなかったお金が
次の素晴らしい舞台を観るためにまわるのだと考えるようにしています。

今月も、
みなさんと歌舞伎の素敵な出会いがありますように!

↑このページのトップヘ