仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

タグ:上方歌舞伎会

今回の上方歌舞伎会は「双蝶々曲輪日記」の通しです。

序幕の「堀江角力場」では、
与五郎約の坂東竹之助が上方のぼんぼんらしい柔らかみのあるつっころばしで
やっぱり本場は違うな~、と思ってしまいました。
中村鴈政の放駒長吉も好演。
新調した着物を喜ぶ姿、はれがましさが秀逸。
大関・濡髪に対する憧れが強いからこそ
「物を頼むときの順序が違う!」と濡髪にくってかかるところが、特に素晴らしかった。

四幕目の「引き窓」は
今や上方歌舞伎のホープ「晴(そら)の会」の三人雀・片岡千次郎、千壽、松十郎揃い踏みで
高水準の舞台となりました。
そこで私の目を引いたのが、南与兵衛を演じた片岡松太朗。
仁左衛門の演技を思わせる丁寧かつメリハリのある演技で出色でした。
ちょっとした気持ちの動きが目に、眉に、口元に出て、
懸命に稽古したことがうかがわれ、好感が持てました。

逆に、浮き彫りになったのが濡髪の難しさ。
体だけでなく人物も大きく、だからこそ人気のある分別ある大関が、
なぜこの道しか選べなかったのか。
若い人には本当に、役作りが大変だったと思います。

劇場ロビーで片岡秀太郎さんとすれ違いました。
いい匂いがしました!

今月は、自主公演や勉強会も多いです。

おもな自主公演は

第2回「翔の会」(現在高校生の中村鷹之資の勉強会)8/2@国立能楽堂

第7回「挑む!」(尾上松也。特別出演片岡孝太郎)8/8@神奈川芸術劇場(KAAT)

第1回「研の会」(市川右近。ゲストに市川猿之助)8/22、23@国立劇場小劇場

第1回「双蝶会」(中村歌昇・種之助兄弟)8/24、25@国立劇場小劇場

勉強会は

第21回稚魚の会・歌舞伎会合同公演(研修修了生と名題下)8/13~17@国立劇場小劇場
第25回上方歌舞伎会(「若鮎の会」を中心に関西系の若手)8/22、23@大阪国立文楽劇場

公演日数が少なく、小さな劇場を使うこともあり、
チケットはすぐに売り切れてしまうものが多いです。

日ごろはなかなか回ってこない大役の勉強の場として、
出来栄えよりも挑戦、努力が目的の公演ですが、
伸び盛りの若手ならではの輝きを目にする好機であり、
なによりファンにとっては貴重な時間となることでしょう。

↑このページのトップヘ