仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

タグ:お富さん

「粋な黒塀/見越しの松に/仇な姿の洗い髪/死んだ筈だよお富さん」
―春日八郎の大ヒット歌謡曲「お富さん」(
1954)は、
この歌舞伎「与話情浮名横櫛~源氏店」を描写したものです。
軽快なリズムで明るい旋律の曲ですが、
実際の話はとても切ない恋の物語。
密会現場を押さえられ、男はメッタ刺しにされ女は海に身を投げ、
2人は互いに消息を知らぬまま数年を過ごします。
偶然会えたたとき、
「死んだはず」の女は、ほかの男の囲い者として生きていたのです。
今回放送される舞台は今年の新春浅草歌舞伎公演で、
与三郎は尾上松也、お富は中村米吉。
「しがねえ恋の情が仇、~」から始まる七五調の名調子は、
やり方を間違えると無感情で型どおりのお芝居に終わってしまいますが、
若い二人のセイシュンの輝きが、
やさぐれた大人の色恋を、新鮮な純愛物語に昇華させてくれています。
詳しくはこちら→ 

今年の新春浅草歌舞伎で、私が最も驚いたのは、
「毛抜」に出ていた坂東巳之助の粂弾正です。
巳之助が荒事を好んでいることは知っていましたが、
あのほっそりとした体で、
ここまで大きい演技ができるとは思っていませんでした。
「毛抜」の弾正は、発声からおおらかさから、
まるで亡くなった團十郎の弾正を観ているようでした。

ということで、後から見た昼の部の「三人吉三」、
大変期待したんですが、こちらはこなれていませんでしたね。
隼人のお嬢吉三とリズムがまったく合わなかった。
こうしてみると、
シネマ歌舞伎になった松也と七之助のお坊お嬢は抜群だったと
改めて感じました。

その松也、
「義経千本桜」で愛らしい子ギツネの狐忠信と、荒武者佐藤忠信をきっちり分けて好演。
「与話情浮名横櫛」でも与三郎を見事に演じ切りました。
松也が群を抜いているのは口跡の良さ。
セリフがはっきり聞こえる。言葉だけでなく、そこにまつわる感情も一緒に。
だから登場人物の気持ちが小細工しなくてもしっかり伝わってくるのです。
お富と与三郎の再会には、ただれた空気が漂うものだけれど、
今回の松也の与三郎と米吉のお富には、「会いたかった!」が溢れていて、
どんなに悪態をついてもその裏に愛情が見えてすがすがしくさえあった。
だから、いつもはご都合主義にしか思えないあっというまの幕切れも、
今回は「若者よ、よかったね!」と心から拍手できました。

女方では米吉もいいけど、
静御前を凛とした品格で演じ切った新悟にも一票入れたいです。

↑このページのトップヘ