仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

カテゴリ:講座について > 講座のお知らせ

5/29(日)は、単発で「東海道四谷怪談」について講座を開きます。

5月の前進座(国立劇場)、6月のコクーン歌舞伎で久々に出る

「三角屋敷の場」の魅力を中心にお話しします。

「四谷怪談」には、お岩さんと伊右衛門のメインストーリーのほかに、

お袖さんをめぐるもう一つのせつない物語があるのです。

GINZA楽学倶楽部の「女性の視点で読み直す歌舞伎」としては、

初の日曜開催。

平日はお仕事で金曜の講座にいらっしゃれなかった方は、

ぜひお運びください。


http://ginza-rakugaku.com/kouza/a40.htm

初めての試みとして、
「女性の視点で読み直す歌舞伎」の生徒さんたちとご一緒に、
文楽鑑賞教室「曾根崎心中」に行ってまいります。
歌舞伎をもっとよく味わうためにも、
文楽鑑賞はぜひチャレンジしていただきたいところ。
でも、独りでいくのはちょっと…という方は多いですね。
私もかつてはそうでした。
誘ってくれた友人に、本当に感謝しています。
前々から文楽に関心はあったけれど行くのは初めてだったり、
NHKのドラマ「ちかえもん」で初めて文楽に興味を持った、
という方々が中心です。
実際に、人形遣いの方や大夫さん、三味線方に、
道具や人形を持って解説していただけ、
演目のあらすじも紹介していただいた後で拝見する鑑賞教室は、
ビギナーにはとてもわかりやすいと思います。

今回は、講座としてではなく、あくまで「歌舞伎好きのお友達との観劇」。
でも、アフターではお茶をいただきながら、熱く語りたい!と思っています!

学生さんの団体が多く、期間も短いのでチケットがとりにくいですが、
機会があったらぜひ行ってみてください。

2月は第3週に歌舞伎ビギナー向け講座を4日間連続で開催します。
2/21(日)はすでに満員ですが、他はまだ申込み受付中です。

2/18(木)「スペインバルで気軽に学ぶ歌舞伎のイロハ」
      ~知らないなんてソンすぎる! クリエーターのための歌舞伎入門~
     
18:00~、20:00~@渋谷Bar Rhodes(最寄:渋谷駅)
      
詳細・申し込みはこちら
     
 *気軽な会です。クリエーターに限らず、ビギナー大歓迎
      

2/19(金)「女性の視点で読み直す歌舞伎」
      ~それでも妻は納得しない!「熊谷陣屋」と「神霊矢口渡」
     
13:30~@GINZA楽学倶楽部(最寄:東銀座駅)
      詳細・申し込みはこちら
      *主人公に限らず、女性の登場人物の気持ちに寄り添って作品を解説。
        「熊谷陣屋」はよく上演される名作でシネマ歌舞伎にもなっています。

2/20(土)「シネマ歌舞伎『棒しばり/喜撰』上映前解説」
      ~映画鑑賞料金のみで上映前にみどころ解説が付きます!
     
10:30~@MOVIX柏の葉(最寄:柏の葉キャンパス駅)
      詳細・申し込みはこちら
      (申し込みは2/17~)

2/21(日)「『意外と分かる! エンタメの宝庫・歌舞伎の魅力』
      ~4月明治座公演に向けて近松門左衛門『女殺油地獄』を予習!
     
@二子玉川スタジオ(最寄:二子玉川駅)
      詳細はこちら(満員)



お仕事帰りに一杯、そのついでに歌舞伎についてちょっと詳しくなろう!
・・・そんなコンセプトで始めたこの講座も、
なんだかんだで10回を終えることができました。
ここに来てくださった方と、歌舞伎座に一緒に行ったり、
来月は文楽にもご一緒する予定があります。
今日はリピート組の方が来てくださいました。
「ここでお話を聞いていると、もっと歌舞伎が見たくなる」と言ってくださって、
とてもうれしかったです。

次回は2月18日です。
2月のワンポイントテーマは「クリエーターのための歌舞伎入門」。
詳しくはこちらをどうぞ。
お待ちしています!

毎月開催している「スペインバルで気軽に学ぶ歌舞伎のイロハ」。
11月19日は、東京国際映画祭でも上映され、7日に全国公開される
紀里谷和明監督の「ラスト・ナイツ」を取り上げます。
この作品は、モーガン・フリーマンなどが出演するハリウッド映画。
でも日本の「忠臣蔵」がお話のベースになっています。
「忠臣蔵」はとても長いお話で、エピソードも数えきれないくらいたくさん。
だから内容を説明するのにもある程度時間がかかります。
「ラスト・ナイツ」はこうした忠臣蔵のお話の本質をとらえつつ、
換骨奪胎し架空の国のお話として仕上げています。
「忠臣蔵」をあまりご存知ない方は、
「ラスト・ナイツ」を先にご覧になると、
歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」にすっと入って行けるかもしれません。

詳しくは、こちらをご覧ください。

↑このページのトップヘ