仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド

一度は観てみたい、でも敷居が高くてちょっと尻込み。 そんなあなたに歌舞伎の魅力をわかりやすくお伝えします。 古いからいい、ではなく現代に通じるものがあるからこそ 歌舞伎は400年を生き続けている。 今の私たち、とくに女性の視点を大切にお話をしていきます。

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を
東京・東銀座のGINZA楽・学倶楽部で開いています。
歌舞伎座の隣りのビル。
窓から歌舞伎座のワクワクを感じながらのひとときをどうぞ!
これまでの講座内容については、http://www.gamzatti.com/archives/kabukilecture.html
GINZA楽・学倶楽部についてはhttp://ginza-rakugaku.com/をご覧ください。

1月15日、新春浅草歌舞伎の昼の部、夜の部を
通しで観てきました。

演目は以下の通り。
第1部
・春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)
・一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
・独楽売(こまうり)

第2部
・仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
 五段目・山崎街道鉄砲渡しの場、同・二つ玉の場
 六段目・与市兵衛内勘平腹切の場
・猩々(しょうじょう)/俄獅子(にわかじし)

今回、出色の出来は、
第2部の「猩々」を踊った中村種之助です!
「猩々」というのは、お酒を飲んで酔っ払った神様が舞う、というものです。
愛嬌があって、でも品格を失わない。
端正で清々しさが勝ち、しかし緩急とリズムでお囃子に乗り、人を酔わせます。
幕が閉まってから花道を退場するまでのひと舞いを、
堂々とたっぷり見せ、
舞の名手として名高かった故・中村富十郎の「寿猩々」をほうふつとさせました。
(「寿猩々」についてはこちらをご覧ください)

中村種之助は父が中村又五郎、兄が中村歌昇です。
又五郎は子どものとき、中村光輝と名乗ってテレビなどでも活躍した名子役でした。
種之助は歌昇より、お父さんの面影を強く持っています。
立役(男性の役)一本の兄に比べ、
種之助は女方も立役もこなす分、器用ながらあまり印象が強くない役者でした。
しかし、
今回の「猩々」で一躍スターダムですね!
舞を舞わせたら種之助、と誰もが思ったことでしょう。
次の舞台が楽しみです。

(付け加えれば、巳之助はすでに「若手」の域を越えて舞を評価されつつあります。
 「獅子舞」のような、顔の見えない舞踊でも、「うまいと思ったら巳之助だった」と
 近頃は歌舞伎通をもうならせています)

昨年11月、歌舞伎座で初役の弁慶に挑んだ市川染五郎

その雄姿が1/25(日)、

Eテレ「古典への招待」で放送されます。

初役とはいえ、「勧進帳」自体は富樫役・義経役で

何度も舞台を踏んでいる染五郎の

思いのこもった初弁慶は、

最初から最後まで、本当に目が離せない

魅力的な演技でした。

ぜひ、ご覧ください。


*ただし、NHKのサイトによれば10月末国立劇場での収録なので、

 初日の前に、収録用に通したものと思われます。
    …というのは、NHKの誤植だったようで、
   ちゃんと歌舞伎座の公演中の録画でした。(→こちら


舞台はなまもの。

特に歌舞伎は、1カ月休みなしの「本番」を駆け抜けます。

お客さんを前にして日々進化し続けた弁慶を、
ぜひご覧ください! 


ほかに、

1/2の生中継では観られなかった京都南座12月の顔見世興行より

「藤十郎の恋」も、1/16(金)の「にっぽんの芸能」に登場します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎1月16日(金)22:00~22:58

/23日(金)12:00~12:58(再) 

にっぽんの芸能 (Eテレ)
顔見世興行から「藤十郎の恋」 

演目:玩辞楼十二曲の内『藤十郎の恋』 
出演:中村扇雀 片岡孝太郎 片岡亀蔵 中村松江 上村吉弥 松本錦吾 ほか 
(2014年12月 京都四條南座にて収録)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎1月25日(日)21:30~23:30 


古典芸能への招待 (Eテレ)
歌舞伎「寿式三番叟」「勧進帳」 

「寿式三番叟」
出演:市川染五郎 尾上松緑 坂東亀寿 中村歌昇 中村米吉 片岡我當 ほか

歌舞伎十八番の内「勧進帳」
出演:市川染五郎 中村吉右衛門 松本幸四郎 ほか 
(2014年11月 歌舞伎座にて収録)

1月17日より全国で公開されるシネマ歌舞伎「二人藤娘/日本振袖始」が、
東京・東銀座の東劇で1月3日から先行上映されています。

シネマ歌舞伎は、
歌舞伎の美しさを世界に発信するべく、
映像、音声、編集、すべてに心血注いで作られた映画で、
単なる「劇場中継」とは異なります。

また、大当りの演目、配役の舞台だからこその映像化なので、
名演を2100円で観られるチャンス!

特に坂東玉三郎出演の演目は、
玉三郎本人が最後の最後まで編集に関わり、
絶対妥協しない美意識と映画に対するこだわりで仕上げています。
必見。

お芝居のみどころをうまくクローズアップしてくれているので、
ビギナーには入り口としておすすめです。

各地の公開劇場とスケジュールこちらをご覧ください。

↑このページのトップヘ